4.屋外での喫煙

.

 2019年10月現在、全てのEU加盟国では、公共施設や飲食店の中での喫煙が禁止されています。ただし、喫煙スペースの設置を認める国や地域もあります。

 他方、建物の外や路上での喫煙は、一般に禁止されていません。

 ただし、フランスの首都パリでは、2019年、一部の道路で喫煙が禁止されるようになりました。また、児童公園や一般の公園の一部では、喫煙が禁止され、その数は増える傾向にあります。同様に、ストラスブールでも公園や緑地での喫煙が禁止されています(詳しくはこちら)。さらに、近年、ニースやカンヌのビーチは、部分的に禁煙となりました(参照)。

 イギリスは国内の全てのサッカー場で喫煙を禁止しています(参照)。

 スウェーデンは、2019年7月より、レストランやバーの中だけではなく、外でも喫煙を禁止しています(参照)。

 スペインは、2011年1月より、幼稚園や学校、病院といった特定の建物の周囲でも喫煙を禁止しています(参照)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です