3.EU内の喫煙率

.

 欧州委員会の委託を受け実施された調査(2017年3月公表)によると、EU内に住む15歳以上の市民で、毎日、煙草ないし電子煙草を吸う人の割合は24%です。

 EU加盟28ヶ国を喫煙率が高い順に並べると、以下の通りです。

   加盟国 喫煙率(%)
   ブルガリア 36
   ギリシア 35
   フランス 33
   クロアチア 33
   ラトビア 28
   リトアニア 28
   ポーランド 28
   ルーマニア 27
   オーストリア 27
   キプロス 26
   スロベニア 26
   スペイン 26
   チェコ 25
   ハンガリー 25
   ポルトガル 25
   イタリア 24
   スロバキア 24
   ドイツ 23
   マルタ 21
   エストニア 20
   ルクセンブルク 19
   アイルランド 19
   フィンランド 18
   ベルギー 17
   デンマーク 16
   オランダ 16
   イギリス 16
   スウェーデン 5

 

 地域的な特徴としては、南欧では喫煙率が高く、ブルガリア、ギリシア、フランス、クロアチアでは、約3人に一人が毎日、煙草を吸っています。

 これに対し、北欧のスウェーデンでは喫煙率が突出して低くなっていますが(5%)、近隣のデンマークやフィンランドでも、EU平均値を10ポイント近く下回っています。

 なお、2014年の調査結果と比較すると、EU全体の喫煙率はほぼ同じで、EUや加盟国の禁煙対策は行き詰まっていると言えます。国別では、スロバキア(5ポイント増)、フランス、リトアニア、イタリア(それぞれ4ポイント増)で喫煙率が高くなっている一方、ベルギー(6ポイント減)、キプロス、デンマーク(それぞれ5ポイント減)、イギリス、オランダ(それぞれ4ポイント減)では低下しています。

※ 喫煙率と1日あたりの煙草消費量(本数)は異なりますが、全く関連していないわけではありません。つまり、喫煙率が高い国では消費量も多くなる傾向にあります(消費量についてはこちら)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です