はじめに

.

 EU(欧州連合)内で、防ぐことができる死亡原因として一番目に挙げられるのは喫煙です。

 EUの統計によると、毎年、70万の人々が喫煙を理由に死亡しています。また、喫煙者の2人に一人は比較的早く死亡しています。詳しくは、14年も寿命が短くなっています (参照) 。

 このような状況を踏まえ、EUや加盟国は様々な対策を講じています。しかし、喫煙率は依然として26%と高く、15~24歳の若年層では29%とさらに高くなっています (参照) 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です