Top      News   Profile    Topics    EU Law  Impressum          ゼミのページ


Star
EU法講義ノート



 学生諸君の理解を助けるために、授業では以下の事例を適時取り上げます。

[設例1]

 Aはドイツ国内に本拠を置く輸入業者であり、従来は、中南米諸国からバナナを自由に輸入してきた。ところが、EU理事会は、1993年2月、中南米産バナナに高い関税をかけ、また、輸入数量を大幅に制限する旨の規則を採択し、同規則は19937月に発効した。




EU

 中南米



  そのため、Aの輸入量は大幅に落ち込み、倒産の危険性さえ生じてきた。そこで、AEU裁判所へ訴えを提起し、権利保護を求めることを考えた。Aから助言を求められ場合には、どのようにアドバイスしてあげればよいか。


@

この規則はどのような理由(目的)に基づき制定されたか。

また、この規則が制定されなかったとすれば、EU(当時のEEC)制度上、どのような問題が生じたか。

A この規則が1993年2月に制定されたが、この時期にはどのような意味があるか

B EU理事会の規則はEUの機能に関する条約内の農業政策に関する規定を根拠にしているが、これは誤りであると主張している。この主張は正しいか。


C

Aの見解によると、理事会は欧州議会の意見を聞かずに、本件規則を制定したため、同規則は無効であるが、これは正しいか。

    参照 ヒント

D

同規則が執行された結果、Aは倒産の危機に直面しているため、EU裁判所に訴えを提起して、保護を求めることができるか。

E

上記規則の違法性を裏付ける事由としては、その他にどのような点を指摘することができるか。


     リストマーク 参照


Voice Home Page of Satoshi Iriinafuku


「EU法講義ノート」のトップページに戻る