地域研究(欧州)

 ヨーロッパ史の概略

1. 先史時代(~紀元前3000年)
  • 狩猟・放牧による生活
  • 農耕の発達、集落・共同体の発足

2.古代ギリシャ・古代ローマ帝国の時代(紀元前3000年~500年):古代
  • アレキサンダー大王(マケドニア王、在位紀元前336年~紀元前323年)によるギリシャ支配と東方遠征
   → ヘレニズム文化の出現
  • 古代ローマ帝国によるヨーロッパの統治、ガリア支配、ゲルマン民族との戦い
  • → 古代ギリシャ・古代ローマの文明(アンティーク)とゲルマン文明の接触
  • ユダヤ教を基礎とするキリスト教の布教開始・普及(古代ローマ帝国における禁止を経て、唯一の国教となる)
  • 古代ローマ帝国の東西分裂(395年)
  • 東ローマ帝国(ビザンティン帝国とも呼ばれる)の首都は コンスタンティノポリス(現トルコ・イスタンブール)に置かれ、1453年まで存続
  •  
  • 西ローマ帝国の首都はメディオラーヌム(現イタリア・ミラノ)、後にラウェンナ(現イタリア・ラベンナ)に置かれ、476年まで存続(👉これをもって古代が終わり、中世に入る)

3.僧侶と騎士の時代(500年~1000年):中世(初期)
  • ヨーロッパのキリスト教化、各地で大聖堂の建築、教会(教皇)の権威が最高潮に達する
  ※ イスラム教の始原と普及
  • 西欧における農耕の発展、大土地所有者の出現(👉身分社会、封建社会の出現)
  • フランク王国の発展:800年、国王カール(カール大帝)が教皇により西ローマ皇帝の冠を授けられる 👉 西ローマ帝国の復興

4.都市国家の時代(1000年~1400年):中世(中期・後期)
  • 商工業や都市の発展(👉 教会(教皇)による支配からの独立、教会との対立)
  • キリスト教内の対立(東西教会の分裂)
  • 十字軍遠征(聖地エルサレムをイスラム教徒から奪回するためのキリスト教徒の東方遠征)

5.発明と宗教改革の時代(1400年~1600年):ルネサンス期
  • 古典(古代ギリシャ・ローマの文化)の復興(文芸復興、ルネサンス)
  • 羅針盤、火薬、活版印刷の発明(ルネサンス期の3大発明)
    ※ アメリカ大陸の発見
  • ルターによる宗教改革(1517年)👉 宗教戦争へ発展

6.絶対君主・領主の時代(1600~1700年):黄金期
  • 世界貿易や資本主義の発展
  • 科学革命(ガリレオやケプラーの活躍)
  • イギリスでは清教徒革命と名誉革命を経て議会政治が発展
  • フランスではルイ13世による絶対王政が確立
  • オランダでは貿易が発達

7.絶対王政の存続と革命の時代(1700年~1800年):ブルジョアの世紀啓蒙時代
  • 学問や自由思想の発達、啓蒙思想の発展
  • ※ 主な啓蒙思想家:ロック、モンテスキュー、ルソー、ヴォルテール
  • フランス革命(1789年)👉 立憲国家、人権保護、市民(国民)の概念の発展  
  • ヨーロッパの覇権拡大(植民地政策や奴隷貿易の発展)

8.市民と近代工業化の時代(1800年~1900年):産業革命期
  • ナポレオンによるヨーロッパ支配(1804年~1814年、1815年)とウィーン体制
  • ナショナリズムの台頭 👉 イタリアの統一、ドイツの統一、帝国主義の発展
  • 自由思想の発展、人間の解放、社会主義の誕生

9. 世界恐慌・世界大戦の時代(1900年代前半)
  • 共産主義やファシズムの台頭
  • 第1次世界大戦の勃発(1914年~1918年)と戦後のヴェルサイユ体制
   👉 ワイマール共和制の発足(1919年~1934年)
  • 世界恐慌の発生(1929年)
  • 第2次世界大戦の勃発(1939年~1945年)、ユダヤ人の大量虐殺

10. 東西冷戦と欧州統合の時代(1900年代後半)


「地域研究(欧州)」のページに戻る

Voice