Impressum       Topics    Profile    Topics    Impressum   Impressum          ゼミのページ



国際私法講義ノート2015

 この「国際私法講義ノート」は、平成国際大学法学部で開講されている「国際私法」の講義の資料として作成されたものです。授業内容のすべてが記載されているわけでありませんが、随時、補充する予定です。








 「国際私法」の学期末試験の解答用紙を採点後、お返しします。
 返却を希望する学生は、下記の日時に私の研究室(202研究室)に来てください。

 2月3日(水) 12時30分


模範解答をダウンロードするには、下のアイコンをクリックしてください。






お知らせ


2015年度の授業は秋学期に行われます。

毎週 水・木曜日 ともに1時限 301教室

 New 今年度の授業はすべて終了しました。









 「国際私法」の学期末試験を以下の要領で行います。受講生は試験を受けてください。

日時  2月3日(水) 1時限
場所  310教室 または 311教室
 ※ 学籍番号によって教室が異なります。
持込  全て可

New 試験は終了しました。




補講のお知らせ

 「国際私法」の補講を下記の日時に行いますので、出席してください。

 

1月 28日 (木) 2時限 教室未定
1月 30日 (土) 1時限 教室未定

New 補講はすべて終了しました。

  







ダウンロード


 左の画像をクリックし、レジュメをダウンロードしてください。全88ページ(A4紙)です。

    表紙の見本はこちら


 プリントアウトした後は、必ずファイルなどで綴じ、10月 7日(水)の授業に持参してください。

 申し込み  
 レジュメを注文する場合は、左の画像をクリックした後、必要事項を記入し、送信してください。

 1部 500円です。


 10月 7日(水)の授業時にお渡しします。




 




次回 10月28日(水)の練習問題を予習用に掲載します。
下のアイコンをクリックしてください。

       

 10月28日の練習問題  10月28日の練習問題の模範解答 11月5日の練習問題@  11月5日の練習問題A  11月19日の練習問題 


 11月25日の練習問題

 11月26日の練習問題  12月2日の練習問題 12月16日の練習問題   





 授業には毎回、出席してください。やむを得ず、欠席しなければならない場合は、下のアイコンをクリックして、届け出てください。
           

欠席届け




サイト内全文検索機能を設けました。どうぞご利用ください。


    
こちらをクリック   全文検索




回 数 日 付 レジュメ  講 義 内 容

第 1回

9月 30日

 はじめに
  ・ 授業の概要と目標
  ・ 使用する法令
  ・
参考文献
  ・ 成績の評価


 国際私法の基礎
  ・ 国際私法の必要性
  ・ 国際私法とは
  ・
準拠法

   問題1

   問題2


第 2回

10月 1日
レジュメ


 我が国の国際私法:適用通則法
 抵触規定の欠缺
 国際民事訴訟法の基礎  
 適用通則法と民法の規定

   練習問題 問題1  問題2  


第 3回

 10月 9日
レジュメ


 単位法律関係の決定と準拠法の指定

 法律関係の性質決定

   練習問題 問題3 問題4



第 4回

10月 10日
レジュメ

プリント


 ・ 復習

 連結点
  ・ 連結点とは
   ・ 国籍
   ・ 常居所
   ・ 最密接関係地 
事例

  ・ 属地法の連結点
  ・ 属人法の連結点

   練習問題 練習問題


第 5回
 
10月  日

第 6回
 
10月 日

 重国籍者の本国法 
   練習問題 練習問題@AB


 無国籍者の本国法

   練習問題 練習問題

 難民の本国法



第 7回

10月 日
レジュメ


 不統一法国の法が準拠法に指定される場合 
   ・ 地域的不統一法国
   ・ 人的不統一法国

 未承認国法の準拠法性

 分裂国家の国民の本国法(事例)

第 8回 10月 日 レジュメ

レジュメ

 先決問題

 適応問題(調整問題)

第 9回  10月 日 レジュメ

 外国実体法と内国手続法の不調和  事案


第10回

10月 日
レジュメ

 準拠法としての外国法の適用
   ・ 外国法の内容の主張・証明責任
   ・ 外国法の適用違背に対する上告
 
事案  練習問題
  

第11回 11月 日  

   公序  事案1  事案2  
 
準拠法指定に際し、実質法の内容を考慮した事例


第12回

11月 日
 


 反致@
  ・ 反致の種類
   ・ 狭義の反致
   ・ 転致または再致(転々致または再々致)
   ・ 間接反致
   ・ 二重反致
   ・ 隠れた反致


  ・ 我が国における反致
   ・ 狭義の反致
   ・ 間接反致
   ・ 二重反致
   ・ 隠れた反致

 事例1  事例2  練習問題 練習問題

第13回  

 反致A

第14回  

 中間試験 チェックシート 昨年度のチェックシート


第15回
レジュメ


 中間試験の解説  

 自然人 
 権利能力

 行為能力 練習問題

 成年後見 (事例
 練習問題 練習問題

 失踪宣告
 練習問題
練習問題

第16回 レジュメ
第17回 レジュメ
第18回

第19回


 法律行為@
  〔参照〕
債権行為と物権行為


 練習問題 練習問題@ABC 


第20回

 法律行為A

  ・ 代理 

    事例1  事例2



第21回

 物権法 事案の検討



第22回

第23回

 債権法 
  ・ 任意債権
     ・ 代理

  ・ 法定債権
     ・ 事務管理

     ・ 不法行為  

 債権譲渡
 事例の検討


第24回


 婚姻
   ・ 実質的成立要件
   ・ 形式的成立要件(方式)
   ・ 身分的効力



第25回


 夫婦財産制
 離婚
 
練習問題

第26回

 養子縁組 

第27回  親子間の法律関係

 練習問題
第28回  後見・保佐・補助
第29回  相続   遺言
第30回  その他の法律関係
試験 未 定
 

EC法上の基本的自由と国際私法 

EU国際私法の概要

 ・ Rome III規則による離婚の準拠法 

・  加盟国の国内法




適用通則法 解説 


Voice Home Page of Satoshi Iriinafuku