TOP      News   Profile    Topics    EU Law  Impressum          ゼミのページ



ユスティティア EUの教育・青少年政策




リストマーク 練 習 問 題 リストマーク


 以下の文章内に誤りがあれば指摘し、誤りについて説明しなさい。


 

 XはAより建物を購入したが、Yがその建物を占有していたため、Yに立ち退き・明け渡しを求める訴えを提起した。

 

 @ Xが自らの所有権に基づき、Yに建物の明け渡しを求める場合、Xは自らが所有権者であることを主張・証明しなければならないが、Yがこれを認める場合には、証明しなくてもよい。
 

 A @におけるように、YがXの所有権を認める発言をすると、裁判所はそれに拘束され、Xが所有権者であると認定しなければならない。
 

        ヒント



 B Yは本件建物をAから賃貸しているため、Xに明け渡す必要はないと述べたところ、Xは賃貸借契約の存在を争った。賃貸借契約の存在について証明しなければならないのは、Yである。
 

 

Voice Home Page of Satoshi Iriinafuku

「民事訴訟法講義ノート」のトップページに戻る