TOP      News   Profile    Topics    EU Law  Impressum          ゼミのページ



ユスティティア EUの教育・青少年政策




練 習 問 題


問題 以下の文章を読み、カッコ内に適語を入れなさい。

 

 ABに建物を売却したが、Cがその建物に居住していた。BはCに、建物の明け渡しを求め提訴した。自らの請求権を基礎付けるため、Bは以下の事実(主要事実)について、主張・証明責任を負う。

 

              @ Bが建物の所有権を持っていること

              A Cが建物を(正当な理由なく)占有していること

 

 @の事実を証明するため、Bは本件 建物の売買契約書をAから盗み取り、裁判所に提出したとする。このように違法に収集された証拠方法は(    )に欠けるため、@の事実を認定する資料として用いられない。

 

 

 他の証拠方法により、裁判官が@とAの事実の存在を確信する場合、Cは、例えば、本件土地を時効により取得したことを主張・証明しなければ敗訴する。この防御方法を(    )という。民法第162条第1項によれば、取得時効の要件は以下の通りである。

 

              @ 20年間の占有

              A 所有の意思をもって占有すること

              B 平穏かつ公然に占有すること

 

 第162条第1項は、権利(  )規定にあたるため、これらの事実の証明責任を負うのは(    )であるが、民法第186条第1項は、「占有者は、所有の意思をもって、善意で、平穏に、かつ、公然と占有するものと推定する」と定めるため、AとBの事実は 推定される。そのため、取得時効を争う者、つまり、(    )が、その不存在について証明責任を負う。このように、ある規定によって、他の規定の構成要件事実の存在が推定され、証明責任の転換がなされる事実を 暫定事実 と呼ぶ。

 

 

Voice Home Page of Satoshi Iriinafuku

「民事訴訟法講義ノート」のトップページに戻る